ニュース&トピックスNews & Topics

失敗例から学ぶ繁盛店の作り方

店舗の新装・改装は、一時的な集客の拡大に有効な手段です。
マーケットポテンシャルが高く、
お店がよく見えて来店しやすい好立地な店舗の中には、
定期的に改装を行うことで新規客を次々と獲得し、
売り上げを伸ばしているケースもあります。
しかし、この手法は、
立地や建物構造の制約も多い小規模店舗には通用しません。
それどころか、たった1回の新装・改装でも、
やり方によっては客数を減らしてしまうこともあります。

ある飲食店の改装例をあげましょう。
そのお店は、
お客の大半が年配層のアットホームな小料理屋だったのですが、
客層を拡大するために若者志向のおしゃれな高級居酒屋にリニューアルしました。
オープン直後は客数が増加しましたが、
それまでのお店の雰囲気が気に入っていた常連客の足は、
次第に遠のきはじめます。
最初のうちは、目新しさにひかれて来店していた若者も、
価格帯やメニューの不適合からリピートに結びつけることができず、
最終的にお客の全体数を下げる結果になってしまったのです。
一度失ったお客を取り戻すのは難しいもの。
常連客の存在を度外視した店舗の新装・改装はリスクが大きいと言えるでしょう。
より確実で、効率の良い集客を目指すなら、
現在のお客が、自店のどんなところを気に入っているのか、
雰囲気、メニュー、価格、サービスなど、あらゆる角度から検証し、
それを新しい店舗づくりに生かすことも大切です。

◆お電話やメールフォームにて受け付けております◆
フリーダイヤル:0120-171-884
Web site:http://www.grove-reform.com/
メールフォーム:http://www.grove-reform.com/contact/

pagetop